IMG_0811.jpg

2018年01月09日

「ソラチカルート」閉鎖の衝撃! → nimocaルートへ?

2018年1月9日12時
陸マイラーに衝撃が走りました((((;゜Д゜)))))))


ドットマネーからメトロポイントへの交換が、2018年3月31日をもって終了するとの発表が!
heisa.jpg



ソラチカのHPにもしっかりお知らせされてます。
metoro.jpg



さらにさらに、「ドットマネー」だけでなく「ネットマイル」「PeX」「Gポイント」からの交換も全てシャットアウト!
今までANA陸マイラーからみて神様的存在であったソラチカルートはひとまず終焉を迎えることになります。
※2018年3月31日までは交換可能なので、それまでにできるだけ交換を済ませておきましょう!



そうすると、急遽浮上してくるのが、昨年発表されたばかりの「nimoca」カードを使った「nimocaルート」
「ドットマネー」の代わりに「PeX」を使ってnimmocaポイントに交換し、それをANAマイルに交換するというルートです。

即ち
「ハピタス」→「PeX」→「nimocaポイント」→「ANAマイル」と交換します。
nimoca route.jpg
※「PeX」→「nimocaポイント」の部分で一回の交換につき500Pexポイントが手数料としてかかるようです。



残念ながら、「nimocaポイント」→「ANAマイル」の部分のレートが70%なので(それ以外の交換は100%)、ソラチカルートの90%レートに比べると見劣りしてしまいますが、メリットもありそう!


それは1ヶ月あたりの交換制限がソラチカルートに比べて少し高いということ


ソラチカルートの場合、「メトロポイント」→「ANAマイル」の部分で1ヶ月20,000ポイント(ANAマイル換算18,000マイル)までという制限がありました。よって、年間最大216000マイルしか貯めることができなかった。

一方、nimokaルートは、
「ハピタス」→「PeX」の部分で月間上限30,000ポイント(30万PeXポイント相当)がボトルネックになります。
よって、最終的には70%の部分を通過するので月間21,000マイルが上限となります。

即ち、最終的なマイルで比較するとソラチカルートは月間18,000マイル(年最大で214,000マイル)が限度でしたが、nimokaルートなら月間21,000マイル(年最大252,000マイル)を貯めることができますね!


なお、「nimocaポイント」→「ANAマイル」交換作業がネットで完結できず、リアルの世界で特定の機械(福岡、宮崎、函館などに設置されている)を使わないと交換できないのがネック(T-T)
※マイル交換ができる場所の詳細はこちら


交換の旅に福岡や函館まで行くというのはちょっと大変かも(^_^;) 逆にその地域の陸マイラーさんは有利だなぁ!
PeX」として貯めておいて、一年に九州や北海道への旅行を兼ねて纏めて交換するのが現実的でしょうか?
今後ネット上で交換できたり、交換機がより広い地域に広がることを期待しましょう!
※「nimocaポイント」→「ANAマイル」は現状上限有りませんので、一度に纏めて交換が可能です。



なお、nimocaルートはちょっと・・・という場合は、Tポイントルートが使えます。
ただ、交換レートが50%になってしまうのが一番の難点ですね・・・
t-route.jpg


※レートの高い「LINE」ルート(81%)が広く取り沙汰されていますが、私はこのルートも近く塞がれる可能性が高いと予想してます。その点、nimocaはまだできたばかりなので、暫くは続くでしょう。
また有益な情報が入ったら都度追記致します。(^_^)v

posted by ときぞう at 15:29| Comment(0) | ポイント